まだ柔らかいコンクリートの表面に”型”を押し付け模様を写すスタンプコンクリート


スタンプコンクリートの色について



スタンプコンクリートの標準仕上げはベースカラー(スタンプハードナー)リリースパウダーの2つの色の組み合わせで表現します。

ベースカラー(スタンプハードナー)は石やレンガ全体に反映される基本的な色です。

リリースパウダーは模様の凹部に入り込み自然な陰影を作り出すものです。


例えば下の写真の場合には、全体的な印象の黄色っぽいベージュ色はベースカラー(スタンプハードナー)のHBサンドという色で模様の凹み部分にあるオレンジ色っぽい色は、リリースパウダーのニューテラコッタという色になります。 またこちらの写真の場合はベースカラー(スタンプハードナー)は同じHBサンドですが、凹み部に入り込むリリースパウダーは薄い黒のライトグレーを使用しています。


全体に見えるベースカラー(スタンプハードナー)は同じ黄色っぽいベージュの色でも、掛け合わせるリリースパウダーがオレンジ色っぽいのか、黒っぽいのかで、全体的な印象が大きく変わるのがお分かりいただけると思います。


このように全体に見える色のベースカラー(スタンプハードナー)は標準で16色あります。

また自然な陰影を作り出すリリースパウダーは標準で20色ご用意しています。

これらの組み合わせだけで16×20で320通りの配色が可能です。

もちろん両方とも特注色や混合色なども可能ですので、その配色は無限ともいえます。


(以下は印刷物ですので実際の色合いとは多少異なります)