化学反応でコンクリートを「染める」、半透明でムラのある深い色合いの仕上がり


スタンプコンクリートの部分着色に デザインカットと併用で立体的な柄を 壁面にも応用できます
一般名称:鉱物系染色仕上げ材 商品名:ステインクリート 材工設計価格:床面¥6,800、壁面¥7,200/u(100u以上)
★設計スペックの表記は
「鉱物系染色仕上げ材
 ステインクリート 「株式会社三豊工業 054-257-1377 同等品」 とご表記いただければけっこうです


◆資料請求

◆見積もりはこちら

◆疑問・相談受付中

◆私たちの商品への想い

お問合せはお気軽に

株式会社三豊工業

TEL(054)257-1377
FAX(054)257-2106
フェイスブックページ
Eメール

染色床仕上げ材

ステインクリート     

 施工例

それではステインクリートの施工例をいくつかご紹介いたします。
独特の色合いと使い方をご覧ください。



まずはスタンプコンクリートの部分着色での使用例です。

スタンプコンクリートで見かける部分着色の多くは、ステインクリートで着色されたものです。

ところどころオレンジや茶色っぽい石があるところがステインクリートで着色したところです。

石一つ一つに刷毛でステインクリートを塗布します。



次は同じような部分着色の例ですがボーダー部分を着色することで全体が華やかになるよい例です。

ボーダーパターンとステインクリートを組み合わせて、このような駐車場のラインの代わりに使うのもよい方法です。




木目のデザインにはステイン仕上げがよく似合います。

噴霧器で浸透させるだけで、木目の微妙な濃淡が簡単に再現できます。

ステインクリートは液体に含まれる成分によってコンクリートが化学反応を起こし色がつくので、表面の凹凸や節の部分に溜まるステインクリートの量が多いところは濃い色に反応し、少ないところは薄い色になります。



こちらはマンションの入リ口。

ロック模様(岩肌模様)でスタンプし、後施工でダイヤモンドカッターで化粧目地を施し、ステインクリートで着色しています。

黒っぽい色の部分と濃いオレンジ色の部分がステインで着色した部分です。

こちらも同様にロック模様とステインクリートの組み合わせです。
オレンジ色のラインの部分だけを着色しています。




今度の例は枕木調の壁。スタンプウォールで施工してあります。
木目の色の濃淡がうまく表現できていると思いませんか?

これを普通の塗装などで表現するのはかなり難しいですが
ステインクリートなら簡単にこのような濃淡が表現できます。





これは建物の壁全体に使用した例です。

コンクリートや鉄板が錆びたようなイメージにしたいとのことで、ステインクリートをご採用いただきました。

本当に鉄板が錆びているかのような見事な雰囲気が表現されています。

これなどは塗装では実現できないステインクリートならではの仕上がりです。



こちらは塀での使用例。

石肌模様を施した壁面に、ステインクリートを全体に染み込ませ茶色く染めた後、表面の凸凹の凸部の染まった部分だけをヤスリをかけるように削り取り、薄っすら茶色っぽく染まったようなイメージにわざとしてあります。





こちらは米国の商業施設の施工例。

ただのコンクリートの床にダイヤモンドカッターで化粧目地を施し、茶系統のステインクリート3色を塗り分けて立体模様を作り出しています。

質のいいクリアーなトップコートで保護し、日常の清掃・ワックス掛けでメンテナンスを施しています。

米国ではこのようにダイヤモンドカッターによるデザイン目地とステインクリートによる塗り分けで立体模様を表現するのが商業施設を中心によく見られます。

同じようなデザインを日本の研修センターに作ってみました。
まるで白い部分が浮き出でいるかのように見えます。

いかがでしたか?ステインクリートの使い方や色合いの特徴が何となく分かりましたか?

今度はぜひあなたの現場でステインクリートをお使いください。
その際のご相談はいつでもお気軽に当社までお願いします。