スタンプコンクリート、デザインコンクリート、モルタル造形にがんばる全国対応の専門工事会社
各メーカー取り扱い、資料請求・見積もり無料、
実務経験に基づいた「使える」設計アドバイス
めざせ!スタンプコンクリートの最強ページ
スタンプコンクリート責任施工
全国対応・出張工事可能

スタンプコンクリート専門メーカー・施工店
株式会社三豊工業
054−257−1377
HOME 資料請求・問い合わせ 製品一覧 価格表 施工例 実績抜粋 お見積もり Q&A

   
Q&Aのページへ


スタンプコンクリート
現場に流し込んだコンクリートがまだ固まる前の柔らかいうちに天然石やレンガ、木目などのゴム型を押し付けて模様を写し取る工法です。すべての基本となる工法です。


ペーパーコンクリート
固まる前のまだ柔らかいコンクリート面に、天然石やレンガ模様の型紙(ペーパーテンプレート)をしきこみ、模様を作り出す工法です。比較的フラットな仕上がりです。


スプレーデッキ
既存の床に型紙を敷き、上から特殊モルタルを吹きつける工法。レイヤード工法より手軽で、既存の床のイメージを簡単にきれいに変えてしまいます。防滑性に優れているので雨の日やプールサイドの仕上げ材に最適です。


レイヤード6&20
既存の床に、わずかな厚みの特殊モルタルを塗りつけてスタンプする後付け工法。店舗の改修工事に便利で、新設工事の内装床にタイルや石材を貼る代わりにも使えます。


スタンプウォール
壁面用のスタンプ工法。石積み、レンガ、木目、竹などの素材感を壁面に再現します。古いブロック塀の改修や店舗の内外装の壁の仕上げに最適です。


スコレット
特殊モルタルを、ナイフや鏝で削ったり、ブラシで叩いたりして表情をつける彫刻工法。スタンプウォールでは出来ない大きな石や凹凸のある壁面をオリジナルに作ります。テーマパークや店舗の内外装の装飾に。


ステインクリート
「染める」という感覚の着色方法。コンクリートの成分との化学反応により、コンクリート自体を変色させます。塗装には出来ない半透明でムラのある自然な仕上がり。下地の素材感をそのまま活かします


Q9 1日当たりどれくらいの施工ができますか?
正直のところ1日当たりの施工量はあまり多くしないほうが仕上がりはきれいです。

細かい部分にも目をかけながら入念な仕上げをする余裕があります。

しかし、大きな面積の現場では工期や工程の都合から、どうしても1日当たりの施工量についてもある程度の量をこなしていく必要があります。


ひと言で1日当たりの施工量とはいっても、敷地形状やヤクモノの有無、壁の立ち上がりとの取り合いがあるかないかなどで、大きく施工効率は変わります。


敷地形状から言えば正方形の形よりも長方形のほうが感覚的には2倍くらい効率がいいですし、自然の中に作られた遊歩道のように周囲に何もないところに比べれば、壁に囲まれた建築外構はかなり効率が悪くなります。


また使用するパターンの模様の凹凸の激しさや柄の複雑さによっても変わり、凸凹が激しいものや柄の複雑なものは、やはり施工効率は激しく低下します。


それを承知の上で、敢えて大雑把に言ってみれば、当社の場合の1日当たりの施工量の目安としては、最大でおおよそ200〜300u程度かと思います。

一般住宅の駐車場やアプローチを専門にされているような業者様では、だいたい1日当たり30〜50u程度、100uなら2度に分けて行うくらいが一般的なようですが、私たちの場合には、大型現場の経験と、数々の現場で培った独自のノウハウで、1日当たり最大で200〜300u程度の施工が可能です。



大型現場の場合には、使用するパターンの選び方・打設の方法・工程の工夫などで1日当たりの施工量に違いが出ますので、設計の段階からご相談いただくほうがよいかと思います。

ちなみに過去に行った現場で、当社の1日当たりの最大施工量は650uです。