スタンプコンクリート、デザインコンクリート、モルタル造形にがんばる全国対応の専門工事会社
各メーカー取り扱い、資料請求・見積もり無料、
実務経験に基づいた「使える」設計アドバイス
めざせ!スタンプコンクリートの最強ページ
スタンプコンクリート責任施工
全国対応・出張工事可能

スタンプコンクリート専門メーカー・施工店
株式会社三豊工業
054−257−1377
HOME 資料請求・問い合わせ 製品一覧 価格表 施工例 実績抜粋 お見積もり Q&A

   
Q&Aのページへ


スタンプコンクリート
現場に流し込んだコンクリートがまだ固まる前の柔らかいうちに天然石やレンガ、木目などのゴム型を押し付けて模様を写し取る工法です。すべての基本となる工法です。


ペーパーコンクリート
固まる前のまだ柔らかいコンクリート面に、天然石やレンガ模様の型紙(ペーパーテンプレート)をしきこみ、模様を作り出す工法です。比較的フラットな仕上がりです。


スプレーデッキ
既存の床に型紙を敷き、上から特殊モルタルを吹きつける工法。レイヤード工法より手軽で、既存の床のイメージを簡単にきれいに変えてしまいます。防滑性に優れているので雨の日やプールサイドの仕上げ材に最適です。


レイヤード6&20
既存の床に、わずかな厚みの特殊モルタルを塗りつけてスタンプする後付け工法。店舗の改修工事に便利で、新設工事の内装床にタイルや石材を貼る代わりにも使えます。


スタンプウォール
壁面用のスタンプ工法。石積み、レンガ、木目、竹などの素材感を壁面に再現します。古いブロック塀の改修や店舗の内外装の壁の仕上げに最適です。


スコレット
特殊モルタルを、ナイフや鏝で削ったり、ブラシで叩いたりして表情をつける彫刻工法。スタンプウォールでは出来ない大きな石や凹凸のある壁面をオリジナルに作ります。テーマパークや店舗の内外装の装飾に。


ステインクリート
「染める」という感覚の着色方法。コンクリートの成分との化学反応により、コンクリート自体を変色させます。塗装には出来ない半透明でムラのある自然な仕上がり。下地の素材感をそのまま活かします


Q6 下地のコンクリートはどの位下げて作っておけばいいですか?
この質問も時々いただくご質問です。

スタンプコンクリートなどを施工するに当たり、下地のコンクリートを、最終の仕上げよりどのくらい下げて作っておけばよいのか?というご質問です。

スタンプコンクリートやペーパーコンクリートは、新設のコンクリート打設との同時施工でコンクリートやモルタルの表面を直接着色・成型加工するので、そもそも下地コンクリートを作るという必要も工程もありません。







打設したコンクリートやモルタルの高さ自体が、スタンプコンクリートやペーパーコンクリートの仕上がりの高さそのものになります。



一方で、スプレーデッキやレイヤード工法など既存のコンクリートに対して施工するものは、下地のコンクリートよりそれぞれ若干高さが上がります。

スプレーデッキは約1ミリ程度ですのでほとんど考慮しなくてもよいですが、




レイヤード6は約6ミリ、レイヤード20は約20ミリ嵩上げされます。


 塗りつけた白い材料の分だけ嵩上げされます




よって、これらを新設工事で採用する場合には6ミリから20ミリ程度下げて下地を作っておくようにします。